誰でもなることができる整体師|資格取得を諦めない

心理学には資格がない

カルテ

様々な資格がありますが、その中には国家資格に入っていない資格がたくさんあります。心理学もその1つです。心理学の資格が無くても様々な仕事で働くことはできます。国家資格は無いですが、学会で定めた資格や検定があります。これを受ければ就職で役立ちます。その資格は、認定心理士と臨床心理士、心理学検定と呼ばれるものです。認定心理士とは、大学で心理学の単位を取得したらもらえます。学会に申請したら取得することができます。次に臨床心理士ですが、この資格を取るのは難しいと言われています。取得するのは大変ですが、その分社会的評価も高いです。この資格を取る為には、学会から指定された大学院に通わなければなりません。その上で試験に合格して取得することができます。今紹介した2つは大学を卒業しなければ取得できません。心理学は独学で学んで資格を取ることはできません。心理学に興味がある人は心理学検定を受けましょう。この試験に合格したらすぐにカウンセラーとして働ける訳ではありません。試験に合格することができたら、大学院の受験免除になります。紹介した資格以外にもカウンセラーとして働くことができる仕事があります。心理カウンセラーの資格なら養成学校か通信講座で取得できます。この資格は病院だけでなく、学校や介護施設など幅広い分野で活かせます。これからも重要視されていく資格です。この資格に向いているのは人の話を聞くことが好きな人です。心理学に興味がある人はこの機会に勉強してみませんか。